金利はどうやって決まる?

キャッシングを利用するときに注意したいのが金利です。ではこの金利とは、どうやって決まっているのでしょうか。実はキャッシングの金利は法律で上限が定められています。

この上限を超えない限りは各金融機関の裁量によるものとされているのです。

キャッシング業者の金利は法律に基づいて定められているのがわかりました。実はこの法律なのですが少し前までは利息制限法と出資法の2つがあったのです。

いわゆるグレーゾーン金利というもので各業者ともに利息制限法以上、出資法未満という金利を定めていました。

 

アリサ
なぜ利息制限法という法律を超えていたのかですが、これは特に罰則規定がなかったからです。

しかし出資法を超えた場合は、刑事罰の対象となっていました。そのため利息制限法以上、出資法未満の金利がまかり通っていたのです。

その状態が良くないとのことから、より金利の上限が低い利息制限法の範囲内を超えると刑事罰の対象とされたのです。

利息制限法では金利がこう定められています。

利息制限法で決められている金利
  • 10万円未満 20%
  • 10万円以上100万円未満 18%
  • 100万円以上 15%

この上限を超えない限りは、各金融機関の裁量で金利が定めることができます。そのため各社で金利にはばらつきがあるのです。

キャッシングの金利の相場はどれくらい?

ではキャッシング金利の相場は、どのくらいでしょうか。キャッシング業者のウェブサイトでは、実質年率3%~18%という表記をよくみかけます。

 

これが金利なのですが、実質年率という表記が気になるでしょう。実は正規の認可を受けたキャッシング業者は、この実質年率という表記が義務づけられているのです。

 

そのため実質年率は、そのまま金利という意味で間違いありません。正確には金利の中に「保証料や手数料も含まれている」という意味です。逆に言えば正規の認可を受けていない業者は、実質年率という表記をしていない可能性が高いでしょう

 

相場としても先ほどあげた数字が一般的です。

3%~18%

3%の方を下限金利、18%の方を上限金利という言い方もします。

 

下限金利の方はばらつきが多く、上限金利はほぼ同程度の数字が多い傾向にあります。その理由は融資を希望する人の多くが、上限金利が採用されるからです。

 

アリサ
ではキャッシングの金利はどこで適用されるのでしょうか。これは契約金額によって決まる場合が多いです。

最も利用者が多い50万円未満の限度額だと18%が一般的です。

100万円未満になると多少金利が下がりますが、基本的には優良な利用者に限られる形です。優良な利用者とは返済を滞りなく行う人のことです。

実は最低金利を適用されるのは難しい?

3%~18%という一般的な金利を見た時に、3%が適用されたらかなりお得なのではと考える人も少なくありません。

しかし実際には最低金利を適用されるのは、かなり現実的ではありません。

 

なぜ現実的ではないのかと言うと、先ほどお伝えした契約金額と大きく関わってくるからです。

 

各キャッシング業者によって上限の金額は異なりますが、最低利率を適用してもらうには上限いっぱいの額が認められなければいけません。

 

この上限金額なのですが、貸金業法が適用される消費者金融であるのなら、厳しくなってきます。その理由は、年収の3分の1までしか借入ができない総量規制の対象となっているからです。

 

つまり500万円以上が最低金利の対象とした場合、最低でも年収が1500万円以上なければいけません。

 

アリサ
銀行が提供するキャッシングは、総量規制の対象外ですので年収の3分の1という条件はなくなります。

 

しかしそれに応じた収入がなければ、銀行側も上限額をあげることがありません。つまりどちらにしても相応の年収が必要となってくるのです。

 

キャッシングを利用する人はお金に困っているから融資を受けるのであって、そもそも年収が1500万円もあれば別の方法でお金を借りるというケースが多いでしょう。

 

結果として最低金利を適用してもらうのは、一般的な利用者にとってはほぼ不可能であると考えて良いでしょう。

初めての場合は最高金利を比較しよう!

では初めてキャッシングを利用する時には、金利のどこを比較するといいのでしょうか。

これは上限金利の方を比較すべきです。前述のように下限金利の適用を受けるのは、かなりハードルが高くなっています。

 

しかも初めての利用という場合、ほぼ上限金利が適用されるので、こちらを比較した方が現実的です。

 

アリサ
およそですが、大手の消費者金融ならば18%前後の数字です。中小の街金となると20%近い数字であることが多いでしょう。

銀行のカードローンであれば、15%前後が一般的です。

 

低いところだと10%前後の数値になるでしょう。ただ消費者金融と比較すると、審査が厳しい傾向にあるのも事実です。原則として金利が低いほど、審査が厳しくなると考えておいて良いでしょう。

 

しかし初めてのキャッシング利用で、他社からの借入もないというケースですと、安定した収入があるのならチャレンジするだけの意味はあります。実際に申込をして審査に落ちるのが不安という場合は、事前に使える簡易審査を利用してもいいでしょう。

 

簡易審査とは実際の申込ではなく、条件を記入して簡易的に審査に通るかどうかを判断できるサービスです。様々な金融機関で用意されていますので、申込をする前に1度試してみるのをお勧めします。

金利の差で支払う利息はこんなにも違う!実例計算

金利というのはたかが数%ですが、実はこの小さな数字で大きく結果が違ってくるものです。毎月の利息の返済にも大きく影響をしてきますので、事前に理解しておくのにこしたことはありません。

アリサ
ここでは30万円を借りたとして、実際に支払う利息の計算を行っていきましょう。

具体的な数字を出していきますので、実際の利息が実感できるはずです。

ちなみにさらに詳しく返済のシミュレーションをしたい場合は、各金融機関で用意されているサービスを利用してください。返済シミュレーションが用意されています。

金利が高いキャッシングほど元金の減りが遅い

金利と利息の計算で、最初に知っておきたいことがあります。これは返済における基本なのですが、金利高いキャッシングほど、元金の減りが遅くなります。

 

原則として借金というのは、元金をすべて返済することで終わります。しかし返済では元金から減るのではなく、利息から支払うことになっているのです。

 

詳しくは実際の数値を入れて解説をしますが、返済額からまずは利息を引き、残った分が元金の支払いにあてられる形です。

 

アリサ
つまり利息が少なくなればなるほど、元金の支払いが大きくできるので、返済も早くできるでしょう。

ここで1つのポイントがあります。それは任意返済を上手に使うというものです。キャッシングの返済方法は大きくわけて2つあります。

キャッシングの返済方法
  • 定期返済
  • 任意返済

定期返済とは毎月の支払いのことです。この支払いの時には先ほどあげた、利息を支払ってから元金の返済という方式がとられます。

 

アリサ
しかし任意返済は違います。これは毎月の返済とは別に、任意のタイミングで返済をすることです。この任意返済は100%元金の返済にあてることができます。

 

つまり余裕がある時に任意返済をしておくと、利息を少なくできるのです。

18.0%の場合

では30万円を金利18%で借りたとしましょう。この金利18%というのは、年利になります。

年利とは1年間の金利という意味で、1年間返済をしない場合、30万円の18%である5万4000円の利息がつく計算です。ただこの仮定はありえません。なぜなら1ヶ月ごとに、返済をしなくてはいけないからです。

 

では次に1日分の利息を確認してみましょう。

 

年間の利息÷365日という計算を使います。計算をすると約147.9円です。1日あたりにすると、ほぼ150円の利息がつきます。これを1ヶ月に換算するのなら、30をかけましょう。答えは4438円です。

 

毎月の定期返済の額が1万円だとしましょう。この時に1万円から4438円を引いた5562円が元金の支払いになります。つまり残りの元金は29万4438円です。

 

次の返済については、この残った29万4438円に対して18%の金利がつくという形です。29万4438円に0.18%をかけて、365日で割ります。そして30日をかけた答えが4356円となります。1回目の時と同様に1万円の返済をした場合は、5644円が元金の支払いにあてられます。

 

3回目の支払いについては28万8794円に18%の金利がかかります。

アリサ
後は順々に計算をしていきますが、面倒な場合は先にもお伝えしました返済シミュレーションを使うといいでしょう。
7.7%の場合

では同じ30万円を金利7.7%で借りた場合を計算します。

 

元金×7.7%÷365日×30日

 

アリサ
という先ほどと同じ計算でどれだけ支払いが違ってくるのかを、確認していきましょう。

 

年間にかかる利息は計算すると、23100円にまで落ちます。18%の場合だと5万4000円でしたから、半分以下の数字になるのがわかるでしょう。

 

次に1日の返済額ですが、63.29円になります。1ヶ月分に換算すると約1899円です。18%の場合は初回返済が4438円でしたから、かなり違ってくることがわかります。

 

実際の返済の数値を同じく1万円としてみると利息の返済に1899円で、元金の返済は8101円です。約2500円も差がでてしまいました。

 

では2回目の返済についても考えてみましょう。30万円から8101円を引いて、29万1899です。これに対して7.7%の金利がかかります。1ヶ月分の利息は約1847円です。

 

これに対して1万円の返済をしますから、8153円が元金の返済にあてられます。結果として元金は28万3746円となる計算です。2回の返済だけでも5000円近くの違いがでていることがわかります。

 

アリサ
このように金利が低くなるほど、大きな額を借りた時にはかなり利息が違ってくるのです。そのため金利を引き下げてもらうことも重要なポイントです。

ちなみに金利の引き下げは、何度か利用をして滞らずに完済すれば、信用度があがるため受け入れられやすいでしょう。

適用金利の幅があるのはなぜ?

ここで1つ疑問になるのが、適用金利に幅があるのはどうしてでしょうか。これは主に金融機関側の利益によるものです。

 

金利とは、そのまま金融機関の利益になります。しかしそれと同時に考えないといけないのが、貸し倒れのリスクです。つまり返済をしない利用者もいるという点になります。

 

お金を融資する金融機関としては、多くの人に融資をすればそれだけ金利による利益である利息が発生するでしょう。

 

アリサ
しかし中には返済ができなくなる人もいます。そうした人に対しては、貸した分だけ損をする形になるのです。

 

そのため金融機関としては、返済できる人かどうかを見るために審査を行っています。ここで2つの考え方がでてきます。

金融機関が審査する項目
  • 金利を低くしても、貸し倒れリスクの少ない上客を相手にする
  • 貸し倒れのリスクがあっても、金利を高くして他でカバーする

という2つの考え方です。

つまり初めて利用する人は信用が少ないため金利は上限になり、反対に信用が積み上がれば金利を引き下げるため、金利に幅が設定されているのです。

同じ金利でも返済額はこんなに違う!できるだけ利息を減らす方法はある?

最後に同じ金利であっても、返済額を減らすための方法を紹介していきましょう。方法としては2つです。

返済額を減らすための方法
  • 毎月の返済額をアップする
  • 任意返済を利用する

ではそれぞれに見ていきましょう。

 

基本的にキャッシングは融資を受けた額によって、毎月の最低返済額が決まっています。この返済額のまま返していくとなると、かなり利息を支払う形になってしまうのです。

 

先ほどと同じ30万円を18%の金利で借りたとします。この時に最低返済額が8000円だったとしましょう。

 

家計への負担は軽くなるのですが、返済額が少なくなればそれだけ元金の返済までの道のりが遠くなってしまいます。およそですが、完済するまでの支払い回数は57回にもなるのです。利息だけを考えても、15万程度支払う形になってしまいます。

 

反対に月の返済額を12000円にアップしたとしましょう。この時の返済回数は、33回で終わります。こちらの場合は完済までの利息が8万5000円程度ですので、かなりの違いがでることがわかります。

 

もう1つの任意返済は先述したものです。毎月の返済とは別に、任意で返済をする方法になります。

こちらは返済した分がすべて元金の支払いに充てられますので、効率よく元金を減らすことができるでしょう。

 

アリサ
返済するのが厳しいという場合は、毎月最低返済額で支払いをしながら、余裕のある時に任意返済をするのをお勧めします。
おすすめの記事