キャッシングやカードローンを利用して借入れする時は、いろいろな要素を考慮しなければ、借入による損失を出してしまう可能性があります。特に重要なのは、低金利の消費者金融や金融機関を選択することです。

この記事では、大きく分けて以下の3つのポイントを解説しています。

キャッシングやカードローンを利用する際の3つのポイント
  • 低金利という言葉だけでは本当に得か判断できない
  • 低金利と無利息ではどちらが得なのか
  • 銀行カードローンと消費者金融カードローンの比較

上記の点を解説していきますので、どこで借入れをするのか参考にして頂ければ幸いです。

低金利=必ず利息で得をする、とは限らない

消費者金融業者がカードローンで設定している金利は、各社異なっているものの、一定の幅があります。例えば、ある消費者金融では金利を4.0%から18.0%、他社では4.5%から18.0%というように、ある程度の幅がある事が分かると思います。

最低金利の4.0%で借入れができるなら一番良いのですが、初めて借入れする場合は、金利が高めに設定されることがほとんどでしょう。

アリサ
申し込みをする時には、低金利という言葉だけで消費者金融を決めるのではなく、金利について理解し正しく借入先を決める必要があります。

ここでは、低金利について次の2点について解説します。

低金利についての解説
  • どうすればできるだけ低金利にできるのか
  • 低金利と返済期間の関係性

消費者金融を選ぶ際は、最低でも上記2点の低金利についての情報をはっきりと理解しておきましょう。

実は『限度額が大きいほど低金利』というからくり

先ほど説明したように、消費者金融が設定する金利には、4.0%から18.0%というように幅があります。では、詳細な金利はどのように決定されるのでしょうか?

初めて消費者金融のカードローンを利用して借り入れをする時は、できるだけ限度額を少なくした方が良いと思われるかもしれません。

確かに、借りすぎを防止するためには、限度額が少なく、必要最低限の借入れができる状態の方が望ましいでしょう。特に、借入れをコントロールできる自信がないのであれば、借入限度額は低い方が良いかもしれません。

アリサ
しかし、設定される借入限度額の金額によって、金利が変わってくることをご存知だったでしょうか?

カードローンの金利が決定される要素はいくつかありますが、その中の1つが借入限度額です。限度額が大きいほど、設定される金利は低金利になっていきます。

一例になりますが、アコムでは実質年率は3.0から18.0%になっていますが、借入限度額によって設定される金利は以下のように変化します。

借入限度額によって変化する金利
  • 1万円から99万円:7.7%から18.0%
  • 100万円から300万円:7.7%から15.0%
  • 301万円から500万円:4.7%から7.7%
  • 501万円から800万円:3.0%から4.7%

このように設定される金利は、アコムでは4段階に分かれています。低金利にすることを望んでいる場合は、借入限度額を増やす方法を検討することもできるでしょう。

低金利でも返済期間を長引かせると利息は高額に! 

さらに理解しておかなければならない低金利に関する知識は、返済期間と金利の関係性です。借入れを行う時に、低金利になるのは望ましいことですが、低金利という条件だけで消費者金融会社を選ぶなら、返済総額の面で損をする可能性があります。

金利に加えて、もう一つ考えなければならない要素は返済期間です。

一例を上げて確認してみましょう。借入金150万円(実質年率15.0)、元金定額方式で返済を行うとします。返済期間を、5年と10年という2つのタイプで計算してみましょう。

返済期間10年(120回)で返済する場合、返済総額は2.634,330円、利息分は1,134,330円です。
返済期間5年(60回)で返済する場合、返済総額は2,071,860円、利息分は571,860円です。

同じ実質年率でも返済期間が伸びると、利息分の返済額が圧倒的に増えてしまいます。なんと利息返済総額の差額は、562,470円にもなります。

ですから単純に低金利だからお得であると判断するのではなく、返済期間についても事前に確認するようにしましょう。

10万円借りるなら無利息と低金利どっちがいいの?利息や返済期間は?

カードローン会社の中には、初めての借入をする時に、一定期間金利0円サービスもしくは無利息キャンペーンを実施しているところがあります。

それぞれで名称は異なるものの、基本的なキャンペーンの内容は同じであり、初めてカードローンを利用する方は、最初の30日から180日は金利無料で借入できます。無利息で借入ができるというのは、かなり魅力的なカードローンと言えるでしょう。

アリサ
カードローンを利用して借入を行う場合、無利息と低金利のどちらが良いのか迷うかもしれません。どちらの方が良いのかを決める時にポイントになるのは、返済期間になるでしょう。

仮に10万円を借入して、無利息期間中に完済できるのであれば、10万円の返済のみで済むので無利息で借入を行う方がお得になります。

しかし仮に無利息期間中に返済ができないという事になると、残りの返済金に対して金利がかかってくることになります。消費者金融カードローンで10万円の借入を行った場合、設定される金利は非常に高くなるでしょう。

ですから、もし無利息期間中に完済できないかもしれない場合は、最初から低金利のカードローンを選択する方が良いということになります。

無利息期間のあるキャッシングやカードローンを上手に使って無利息でお金を借りる! 400

無利息期間のあるカードローンを利用してお金を借りるどれくらいお得になるのでしょうか?
2つのケースを使って計算してみましょう。

    • 無利息期間30日のカードローンで10万円を借りた場合(通常実質年率17.8%)
    • 無利息期間180日のカードローンで5万円を借りた場合(通常実質年率18.0%)

どちらの返済方法も、元金定額返済方式で計算しています。

最初のケースでは、通常金利17.8%で10万円を借り、1ヶ月後に返済すると、利息が1,483円となり、返済総額は101,483円です。これが無利息30日間のキャンペーンを利用するなら、利息分1,483円が無料となります。

次のケースは、通常金利18.0%で5万円を借り180日かけて返済すると、利息分が2,625円となり、返済総額は52,625円です。180日間無利息で借りるのであれば、利息分2,625円が無料となります。

アリサ
無利息期間は多くの消費者金融業者が設定していますが、無利息期間や借入金額が異なっているので、自分に合うところを探しましょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの比較

カードローンと言っても、消費者金融系と銀行系の2種類があります。初めてカードローンを申込む時は、銀行系の方が良いのか、それとも消費者金融系の方が良いのか悩まれるかもしれません。

どちらの方がお得なのかと質問される方も多いですが、どちらがお得というよりも、自分に合っているのはどちらなのかという観点で選ばれる方が良いでしょう。

どちらのカードローンにするのか決めるため、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの特徴を正確に理解することが重要です。

アリサ
それぞれのカードローンの特徴とどんな人に向いているのか解説していきますので、自分がどちらに向いているのか決める際の参考にしてください。

また合わせて、借入できる別の方法として、クレジットカードのキャッシングについても説明しています。結論から言うと、クレジットカードのキャッシングはあまりおすすめできる方法ではありませんが、その理由も合わせて紹介致します。

クレジットカードのキャッシングはおすすめできない!

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類の使い方があります。ショッピング枠とは、買い物をする時にクレジットカードを使う方法で、キャッシング枠とは簡単に言うと借金です。

クレジットカードに付いているこのキャッシングという機能を利用して借入をすることも可能です。通常であれば、クレジットカードを作った時に、ショッピング枠とキャッシング枠が決まっており、この枠内の金額であれば、買い物と借金という形でクレジットカードを利用できます。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法は、金利が不利であるため、あまりお勧めできません。カードローンの金利は最低金利3.5%から上限金利18.0%の範囲内であることが多いですが、キャッシング枠の金利は最低金利15.0%から上限金利18.0%であることがほとんどです。

アリサ
つまりクレジットカードのキャッシング枠は、最低金利が非常に高く設定されているため、多額のキャッシングをするなら膨大な金額の金利になってしまいます。

低金利のカードローンなら、銀行系がおすすめ

消費者金融系カードローンの金利は、会社によって若干の違いがあるものの、通常は4.0%から18.0%の間に設定されています。

しかし銀行系カードローンの場合、金利の設定は4.0%から14%ほどに設定されているため、上限金利が消費者金融よりも低くなります。銀行によっては、金利が0.99%から7.99%になっているところもあるため、金利の安さでカードローンを選ぶのであれば、銀行系カードローンの方がおすすめでしょう。

アリサ
上限金利が低くなっているという事は、借入金額が小さい時は特に大きな差が出てきます。仮に50万円を借りた場合に、金利が18.0%と7.99%では、返金総額にどれくらいの差が出てくるのでしょうか?

50万円(実質年率18.0%)を返済期間2年で返済していった場合、返済総額は593,744円となります。それに対して、50万円(実質年率7.99%)を返済期間2年間で返済した場合、返済総額は541,604円となります。

返済総額の差は、52,140円つまり借入金の10%になってしまいますので、低金利ということであれば、銀行系がおすすめと言えるでしょう。

銀行系カードローンが向いている人

すでにご説明したように銀行系カードローンの特徴は、金利の低さです。ですから金利を優先して、借入先を探している方には、銀行系カードローンが良いでしょう。

また、金利の差は返済期間が長くなると、返済総額に大きく影響するため、返済期間を長くしようと思っている方もなるべく金利が低い銀行系を選ぶ方が良いでしょう。

これは毎月の返済額を低く設定したいと考えておられる方も同じになります。月々の返済額が低くなるということは返済期間が長くなることを意味しているからです。

さらに借入金額が高くなりそうな方も、銀行系カードローンに向いていると言えるでしょう。銀行系カードローンは、総量規制対象外となるため、年収の3分の1以上は借りられないという制限がかかりません。

アリサ
消費者金融は総量規制対象になるため、必要な金額が高かったとしても年収が低いなら、必要な額を借入できなくなるでしょう。

銀行系のメリット・デメリット

銀行系カードローンのメリットはなんでしょうか?

銀行系カードローンのメリット
    • 金利の低さ
    • 総量規制対象外
    • 銀行ならではの安心感

金利の低さについてはすでに解説しましたが、借入金額がどれくらいであっても、基本的に金利条件は銀行系の方が消費者金融よりは良いでしょう。

また借入金額が大きい場合は、総量規制対象外である銀行系でなければ借入自体ができなくなります。

では銀行系のデメリットとはなんでしょうか?

銀行系カードローンのデメリット
    • 審査に少し時間がかかる
    • 無利息期間が設定されていない

一般的に銀行系カードローンの審査には時間がかかると言われています。カードローンに申し込んでから審査が終わるまでに数日かかることもあるでしょう。

アリサ
また消費者金融系カードローンの無利息期間などのキャンペーンも実施されていません。

今日お金を借りたいなら、消費者金融を選ぶこと

どうしても今日中にはお金が必要という場面もあるでしょう。さきほど解説しましたように、銀行系カードローンには審査時間がかかるというデメリットがあるため、急いでいる場合は消費者金融系のカードローンを選ぶ方が良いでしょう。

消費者金融であれば、審査のスピードが非常に早いため、申し込みをした当日に借入を行うことも十分可能となります。

審査のスピードは消費者金融ごとに異なっていますが、仮審査であれば10秒で終了するところもあります。銀行系カードローンで最も時間がかかる本審査でも30分以内に終了すると、公式HPに記載しているところもあるので、やはり今日中にお金を借りたい方は消費者金融を選ぶ方が賢明です。

ただし、申し込みをする時間帯や方法などに一部制約があるため、申込から融資までを当日中に行うための条件に注意してください。特に、融資を当日中に受けるために何時までに申込む必要があるのか、この点は各社異なっているので公式HPを参考にしてください。

消費者金融系カードローンは実は非常に返済しやすいのも特徴

カードローンを選ぶ際、返済方法についても考慮に入れる必要があるでしょう。

初めて借入する場合、消費者金融には無利息期間が設定されているため、返済しやすいと言えます。これは銀行系カードローンにはない大きな特徴になるでしょう。

また日本全国に、消費者金融ATMや提携銀行ATMが設置されているため、どこでも返済を行うこともできます。コンビニの提携ATMを利用すると手数料が108円または216円かかることもありますが、借入の返済をしていることが周りに知られにくい特徴もあります。もちろん口座振替による返済によって、返済日を忘れることがないようにも設定可能です。

消費者金融カードローンが向いている人

上記のような特徴があるので、消費者金融の利用に向いているのは、次のような方になります。

消費者金融の利用に向いている人
  1. 無利息期間を利用したい方
  2. 今日中に借入が必要な方
  3. 在籍確認方法を相談したい方
  4. 初めて借入を利用される方

上記の4点に該当される方であれば、消費者金融系カードローンをご利用になる方が良いかもしれません。特に最初の2つに該当される方は、銀行系カードローンでは対応できないため、消費者金融のカードローンを利用する必要があるでしょう。

3番目の在籍確認についてですが、基本的にどの消費者金融会社であっても、原則在籍確認を行うとしています。しかし在籍確認方法に関しては、銀行系よりも融通をきかせてくれる余地が消費者金融には残っています。

もし勤務先への在籍確認を望まない場合、申込をする時に、電話による在籍確認以外の方法を選択できないか質問してみると良いでしょう。銀行系カードローンの審査では、ほぼ確実に電話による在籍確認が実施されてしまいます。

消費者金融系のメリット・デメリット

消費者金融系カードローンは、とても利用しやすいサービスですが、メリットがある一方、当然デメリットもあります。どのようなメリット・デメリットがあるのか解説いたします。

消費者金融カードローンのメリットには次のようなものがあります。

消費者金融カードローンのメリット
  • 当日中の融資が可能
  • 借入と返済手続きが簡単
  • 無利息期間キャンペーンがある
  • 土日祝日でも対応可能

消費者金融の最大のメリットは、やはり審査にかかる時間が短いということです。緊急に借入が必要な場合は、やはり消費者金融系のカードローンが第1候補になるでしょう。

借入と返済手続きが簡単であることも、地味に大きなメリットになります。忙しい生活を送っていると、借りたい時と返済したい時に、すぐに対応できると便利ですが、日本中のコンビニの提携ATMが利用できるので非常に便利です。

アリサ
また初めて借りる方であれば、カードローン会社にもよりますが、最大180日間の無利息期間もあります。

消費者金融のデメリットは次のようなものでしょう。

消費者金融のデメリット
  • 銀行系カードローンと比較して金利が高い
  • 総量規制対象になる

銀行系カードローンが設定している上限金利が14%台なのに対し、消費者金融カードローンは18%台であるため、金利が高いと言えるでしょう。

さらに年収の3分の1以上の借入をすることもできないので、大口の借入には向いていません。

低金利で借りられて、無利息サービス(※)もあるプロミス

プロミスのフリーキャッシング借入基本情報は以下のようになります。

フリーキャッシング借入基本情報
  • 融資額:500万円まで
  • 実質年率:4.5%から17.8%
  • 遅延利率:20.0%
  • 返済期間:最大80回
  • 貸付対象:20歳から69歳までの安定した収入のある方
  • 無利息期間:30日

プロミスの借入基本情報は上記のようになっています。プロミスの設定している金利は、4.5%から17.8%ですが、上限金利が17.8%になっている点はプロミスの特徴と言えるでしょう。

消費者金融の中には、上限金利を18.0%としているところも多いので、長期間にわたって返済をする場合は、大きな違いになるはずです。

また初めてプロミスを利用される方であれば、次の条件を満たせば30日間無利息サービスを利用できるようになります。

30日間無利息サービスを利用できる条件
  • メールアドレスの登録
  • Web明細の利用

上記の条件は非常に簡単なので、ほとんどの方が30日間無利息サービスの対象となるはずです。

この無利息期間は、初めて利用した日の翌日から計算されます。例えば、3月15日に借入を行った場合であれば、その次の日を起点として30日間を計算することになります。

返済がギリギリになっても、全国にあるローソンやセブンイレブンの提携ATMを利用して返済することも可能です。

無利息期間があるキャッシングサービス:アコム

アコムのカードローンの基本情報をご紹介します。

アコムのカードローンの基本情報
  • 融資額:1円から800万円まで
  • 実質年率:3.0%から18.0%
  • 遅延利率:20.0%
  • 返済期間:最大100回
  • 貸付対象:20歳から69歳までの安定した収入と返済能力のある方、アコムの基準を満たす方
  • 無利息期間:30日(30日間金利0円サービス)

上記がアコムの貸付け条件となります。アコムの特徴になるのは、3.0%から18.0%という実質年率になるでしょう。

消費者金融の設定している金利の多くは、最低金利を4%台にしているのに対し、アコムでは3.0%に設定しているので、借入金が大口になる場合はかなり有利になるはずです。

アリサ
また無利息期間キャンペーンが実施されている点も、利用者にとって、かなりポイントが高いと言えるでしょう。

アコムの30日間金利0円サービスを利用するためには、以下の条件に適っている必要があります。

30日間金利0円サービスを利用するための条件
  • アコムの利用が初めてであること
  • 返済期日「35日ごと」で契約した方

上記の条件に適っていれば、お得な30日間金利0円サービスを利用できるようになります。低金利で、なおかつ30日間の無利息期間があるので、多くの方がアコムを利用しているわけです。

アコムの無利息期間って実際どうなの?

生活費の補填や買い物のために、多くの方はアコムを利用しておられるようです。ですから、次の給料日までにどうしてもお金が必要になってしまったという場合、30日の無利息期間があるのは、とても便利であると言えるでしょう。

融資までのスピードと無利息期間が組み合わさることで、非常に利用しやすいという感想が多く聞かれます。

アリサ
また、一時的に出費が多いものの一括で返済できる目処がついているという場合でも、利息なしで借入できる機会は、やはり非常に便利という声もあります。

無利息期間を過ぎると、通常の利息がかかってくるようになるため、あくまで一時的に利用するだけという方であれば、無利息期間は非常に使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

5万円以下なら180日間は金利がゼロになるカードローンレイクALSA

カードローンレイクALSAの基本情報を紹介します。

カードローンレイクALSAの基本情報
  • 融資額:1円から500万円まで
  • 実質年率:4.5%から18.0%
  • 遅延利率:20.0%
  • 返済期間:最大96回(カードローンは60回)
  • 貸付対象:満20歳から70歳までの安定した収入と返済能力のある方
  • 無利息期間:60日と180日(借入全額は60日、5万円までは180日)

上記が、レイクALSAの貸付基本条件となります。レイクALSAの金利は4.5%から18.0%なので、一般的な消費者金融の水準と言えるでしょう。大きな特徴になっているのは、無利息期間に2つのタイプがあることです。

まず無利息期間を利用するための条件を確認してみましょう。

無利息期間を利用するための条件
  • レイクALSAを初めて利用する方
  • 借入額が規定金額以下である

レイクALSAの無利息期間は、60日と180日の2種類になります。契約額が1円から200万円以下で、借入額が5万円以下であれば、180日間は無利息で借りられるようになっています。

同じように契約額が1円から200万円まで、5万円以上200万円以下の借入であれば、60日間の無利息期間となります。

アリサ
契約時にどちらかを選択する必要があり、併用することはできませんので、借入額に基づいて事前に決めておきましょう。

レイクALSAの無利息期間に関する口コミ

レイクALSAは、無利息期間もあり利用しやすい消費者金融ですが、ここでは気になる口コミ情報を調べてみました。

今回は、初めてレイクALSAを利用して5万円を借りました。ちょっとだけ生活費が足りなくなってしまったので、利息なしで借りられるのは、本当に便利でした。180日間も無利息で借りられたので、余裕がある時に返済できて良かったです。(20代男性)
今回、初めて消費者金融を利用したのですが、60日間無利息期間があるレイクALSAに決めました。もしかしたら30日間以内には全額返済できないかもと思い、少しでも無利息期間の長いレイクALSAにしました。予想通り、30日間では完済できなかったので、レイクALSAにして本当に良かったです。(30代男性)
給料日前だったのですが、どうしても欲しいバッグがあり、レイクALSAを利用しました。5万円でしたが、ゆっくり返していきたかったので、レイクALSAの180日無利息期間を選択しました。180日間で少しずつ返済したので、日常生活にも支障なく助かりました。(20代女性)

このように口コミでは、良い評判が多い様子でした。

カードローンを利用する時は、少しでも低い金利で借入を行うことがとても重要になります。しかし低金利という言葉や数字だけに目を向けるのではなく、どうすれば返済総額を少なくできるのかということも考える必要があるでしょう。

また消費者金融の多くは、無利息期間キャンペーンも実施しています。キャンペーン内容は、それぞれ異なっている部分もあるので、このコンテンツを参考にご自分に合った無利息期間をお選びください。

おすすめの記事