キャッシングでお金を借りる時は、できるだけ低金利の金融商品を選ぶ必要があるでしょう。この記事では、低金利でキャッシングをする方法を解説しています。

適用される金利は限度額に合わせて決められる

消費者金融業者のカードローン契約の詳細を確認すると、どの消費者金融であっても金利は4.0%から18.0%というように幅があるものです。しかし実際に借入申し込みをして契約を行う時には、一定の金利が定められる事になります。

なぜ最初は幅のある金利が紹介されているにもかかわらず、実際の契約時には一定の金利が決められるのでしょうか?どの消費者金融であっても、基本的に金利は借入限度額に合わせて決められるものです。

アリサ
さらに消費者金融の中には、一定の借入限度額の範囲内であれば、実際の借入金額に従って金利を変更しているところもあります。

 

順番としては、まず限度額に従って金利の振り分けが行われ、その次に借入金額によってさらに細かく決められるということです。消費者金融の中には、単純に限度額のみで金利を決めるところもあるため、借入を行う前に事前にチェックが必要でしょう。

固定金利と変動金利について

固定金利と変動金利と聞くと、住宅ローンの事を思い浮かべる方もいるかもしれません。実は、カードローンの中にも固定金利と変動金利を採用しているところがあります。

カードローンには関係ないので、固定金利と変動金利については理解しなくても大丈夫という事ではなく、きちんと詳細を理解してから利用するようにしましょう。

アリサ
金利についてきちんと理解しないまま、借入を行ってしまうと、予想よりも返済総額が増えてしまう事もあります。

固定金利

多くの消費者金融で採用されている金利方式が、固定金利というものです。

例えば、A社という消費者金融業者に借入申し込みを行おうと思う場合、最初にA社の金利情報を確認されるでしょう。そこで記載されている金利が4.0%から18.0%と記載されており、その条件の元に契約を行った場合は、契約後に金利が変化することはありません。

仮に、A社と契約した後に、A社が金利を3.0%から17.5%と改定した場合でも、あなたとの契約における金利は4.0%から18.0%の範囲内という事になります。

金利が変わらないメリットは、返済金額が基本的に大きく変化することがないため、返済計画が立てやすく、安定感があるということです。その分、貸金業者が損をしないように、もともとの金利が高めであることがデメリットになります。

変動金利

経済事情や金融情勢の変化に合わせて、カードローン契約時に定めた金利を変化させるのが、変動金利というものです。多くの金融機関、つまり銀行系カードローンで変動金利を採用しています。

どのようにすれば、カードローンが変動金利なのかを見分けることができるでしょうか?

カードローン契約の内容に、お借入利率は変動金利であり、金融情勢などの理由で金利を見直しさせていだだきますと記載されているところを探してください。

このような記載があれば、間違いなく変動金利となります。変動金利のカードローンを選択するメリットは、基本的に固定金利よりも低金利になっているため、返済総額が少なくなる事でしょう。その半面、金利が変動することで返済総額が変わってしまうので、最終的な完済額が分かりづらいというデメリットがあります。

カードローンを最低金利で借りるにはどうしたらいい?

先程も説明したように、カードローンの金利は会社によって異なっており、さらに金利の設定には幅がありまます。

例えば、A社は4.0%から18.0%と金利を設定しているのに対し、B社は4.5%から17.5%と金利を設定していることもあります。当たり前の事ですが借入を行う時は、できるだけ低い金利で契約する方が、返済総額が少なくなるためお得です。

具体的な例を挙げて考えてみましょう。

  • 150万円を貸付利率15.0%で借りた場合
  • 150万円を貸付利率9.0%で借りた場合

共に残高スライドリボルビング方式で計算し、毎月の返済額が42,000円になるようにしています。

最初のケースでは、金利が15.0%に設定され、毎月の返済額が42,000円であるため、返済回数が48回となります。返済総額は1,989,342円となり、金利分は489,342円です。
2番目のケースでは、毎月の返済額は42,000円で金利は9.0%であるため、返済回数は42回となります。返済総額は、1,7448,276円となり、金利分の返済は248,276円となります。

上記の2つのケースでは、返済総額に245,066円もの差が発生し、そのほとんどが金利の差です。

アリサ
ですから金利はできるだけ低い方が、返済総額が減らすことになり、完済をサポートしてくれることになるでしょう。

では、これから金利を下げる方法についてみてみます。

金利を下げる方法は「増額」

カードローンの金利を下げる方法の1つは、借入限度額を増額することです。

アリサ
最初に説明したように、多くの消費者金融では金利を決定する際に、貸付限度額を基準としています。

例えば、金利は貸付限度額が100万円未満よりも100万円超の方が良くなり、200万円未満よりも200万円超の方が良くなります。ですから、借入限度額をなるべく高くするために、増額を検討してみることもできるでしょう。

多くの消費者金融では、初めての利用の場合は貸付限度額を50万円ほどに設定することが多いため、増額できる余地は十分残っているはずです。

では限度額を増額するために、具体的にどんなことができるのでしょうか?実例を確認していきましょう。

カードローンの金利を下げるには?限度額を増額するための方法は?

カードローンの金利を下げるためには、借入限度額の増額が1番の近道です。

増額を行う方法は、大きく分けると2つになります。

増額を行う方法
  • インターネットからの申し込み
  • 電話での申し込み

インターネットからの申し込みの場合、基本的に各消費者金融会社の会員ページから増額申請を行うことになります。カードローン会社によっては、一定期間が過ぎた後に増額が可能になったという趣旨のメールが届くこともあり、そこから増額を申請できることもあるでしょう。

電話での増額申請は、それぞれの消費者金融のカスタマーセンターから行うことができます。ほとんどの場合、フリーコールが準備されているので、増額できる状態かどうかを確認してみることができるでしょう。

増額申請では審査が行われるので、申請イコール増額というわけではありません。これまでの返済に遅れがない事や契約期間が6ヶ月以上であることなどが条件になるので、これまでの利用履歴を確認してみましょう。

金利の下げ方の一番のポイントは使い続けること

2つ目の金利を下げる方法は、カードローンを使い続けることです。

借入限度額が大きくなると、金利がある程度固定になってくるのが一般的です。しかし消費者金融の中には、100万円未満など実際の借入金額が少ないうちは、15.0%から18.0%と金利に幅をつけているとこもあります。

アリサ
この場合、どうすれば低い金利の方を選択してくれるようになるのでしょうか?

初回申し込みをして審査に通った後に設定される金利は、基本的には高い方の数字になります。それは消費者金融業者からの信頼を勝ち得ていないからであり、利用していくうちに信頼を得られるようになっていきます。

ある程度の期間に渡って、返済に遅延が起きていないのであれば、貸付けを行ったとしても問題がないと判断される可能性があります。

そうすれば、金利に幅のある金額を借りている場合、最大金利から引き下げられて、最低金利に変更される見込みも十分あるでしょう。利用実績をあげることが、金利引き下げの2番目の方法です。

実質年率と金利の違いって?キャッシング用語を知っておこう!

カードローンについて調べていると、実質年率と金利という言葉をよく目にする機会があるかもしれません。実際に借入を行なっている方の中にも、2つの言葉の意味の違いを知らないまま、お金を借りる先を決めてしまっている方も少なくありません。金利は借入先を選択する際、非常に重要な条件になるため、きちんと実質年率と金利の違いを理解しておくようにしましょう。

アリサ
カードローンによってお金を借りた場合、元金の返済だけではなく、利息もしくは利子というものを加えて返済しなければならない事は理解されていると思います。

利息や利子は具体的な数字を意味しているのに対し、金利とは利息や金利そのものの意味(概念)となります。ですから正確に表現するのであれば、金利○%という表現ではなく、利子もしくは利息○%と表現する方が適切ということです。

具体的に見てみると、利息もしくは利子が年15%ということであれば、100万円の借入金の場合、利息や利子は年間15万円となります。

実質年率とは、利息もしくは利子に加えて、事務手数料や保証料などを含んでいる数字であるのに対し、金利とは利息もしくは利子のみを表しています。つまり実質年率15%という表記であれば、返済金以外(ATM手数料除く)に事務手数料などが一切請求されることはないという意味になるでしょう。

ですから最近では、分かりやすくするため、ほとんどの消費者金融が実質年率という表現を使っています。

利息と返済方式の種類

金利とは、カードローンという金融商品を利用するための手数料と考えることができます。その利用料をいくらにするのかという事を数字で表すのが、利息や利子という言葉です。

利息や利子は基本的に同じような意味として捉えられていますが、一般的には利子とは支払うお金で利息とは受け取るお金の事を表して使われることが多いでしょう。一見すると同じように思えるような金融関係の言葉でも、厳密には意味しているものが異なるため、よく理解しておくことは重要です。

これは返済方式についても同じであり、きちんと理解しておかなければなりません。

アリサ
返済方式は1種類しかないと考えている方も多いかもしれませんが実際には複数あり、消費者金融によって異なっていることもあるので、申込む前に把握しておきましょう。

返済方式によって、借入金が同じでも毎月の返済額が変わることがあります。大きく分けると以下の2種類になります。

カードローンの返済方式
  • 元利定額方式
  • 元金定額方式

それぞれがどのような意味なのか、確認しておきましょう。

元金定額方式での返済具体例

現在、ほとんどのカードローン業者が採用しているのが元金定額方式という返済方法です。
両者の違いを、参考例を使ってご説明します。

毎月の返済金額が5,000円と指定されていても、元利定額方式の場合の内訳は、利息2,000円と元金3,000円ですが、元金定額方式の内訳は元金5,000円と利息2,000円合計7,000円となります。

アリサ
つまり返済当初は元金定額方式の方が返済額は大きくなりますが、元金が早く減っていくため、返金総額は元金定額方式の方が少なくなります。

では10万円を返済するシミュレーションを見てみましょう。

10万円借りた場合の返済シミュレーション

10万円を実際に借りた場合、元利定額方式と元金定額方式ではどのような差があるのか、返済シミュレーションしてみましょう。

アリサ
元利定額方式で10万円(利息18%)を1年間(12回)で返済するシミュレーションをしてみます。
元利定額方式の場合、毎月の返済金額は、ほぼ9,168円になります。1ヶ月目の返済の内訳は元金分7,668円と利息分1,500円、2ヶ月目の内訳は元金分7,783円と利息分1,385円と、毎月の元金分の返済は増えていき、利息分は減っていく計算になります。最終的な返済総額は、110,014円、利息分は10,014円となります。

特徴は、毎月の返済額が最後の返済月以外は、9,186円と一定であるということです。

それに対して元金定額方式で返済するとどうなるでしょうか?

元金定額方式の場合、最初の1月目の返済内訳は、元金分8,333円と金利分1,500円、2月目の内訳は、元金8,333円と利息1,375円になります。返済総額は109,750円で、利息分は9,750円です。

アリサ
先程の元利定額方式と比べると、返済当初の毎月の返済額は665円高くなりますが、7ヶ月目からは毎月の返済額が安くなります。また元金の返済が多いため、総額利息分が264円安くなり、結果として返済総額が安くなります。

これはあくまで10万円の場合の計算になるので、借入金額と返済期間が大きく長くなると、返済総額にはもっと差が出てくるでしょう。

利息を節約したいなら金利よりも繰り上げ返済が大事

基本的に利息額は、残金に対して決まってくるため、元金が少なくなれば利息も比例して少なくなります。ですから先程の例でも、元金返済額が多い元金定額方式の方が元利定額方式よりも総利息額が少なくなり、結果として総返済額が少なくなっています。

つまり元金を早めに減らすことで、利息を節約できるようになるといいうことです。金利を減らすためにできる事もありますが、利息分を減らすためには、元金を減らす方がずっと効果的です。

アリサ
そのため、余裕がある時には繰り上げ返済を行なって、少しでも元金を減らすようにしましょう。

借入金額の程度によっては、1回2回の繰り上げ返済でも、利息分の支払いを大きく減らすことも十分可能と言えます。

金利18%で50万円2年借りて繰り上げ返済した場合としない場合のシミュレーション

上記の条件で、繰り上げ返済をした場合としなかった場合を比較してみましょう。

アリサ
まずは、50万円の借入(実質年率18.0%)を2年間繰り上げ返済なしで、返済し続けた場合のシミュレーションを見てみましょう。
毎月の元金の返済額は20,833円で、最初の利息分の返済が、7,500円、2回目が7,188円、6,875円、6,563円となっていきます。返済を続けると、返済総額は593,756円で、利息分の返済額は93,756円となります。

同じ条件で、4ヶ月目に5万円の繰り上げ返済を行なった場合のシミュレーションはどうなるでしょうか?

毎月の返済額は同じ20,833円であり、金利も同じような流れになりますが、繰り上げ返済をした後は、金利返済が前月よりも1,000円ほども安くなります。返済回数は22回となり、返済総額は、578,557円、利息返済総額は78,557円となります。繰り上げ返済なしの場合より、返済総額は利息返済総額分15,199円安くなる計算です。

では仮に、繰り上げ返済を2回行うと利息の変化はどうなるでしょうか?

4ヶ月目に5万円、10ヶ月目に5万円を繰り上げ返済すると、金利返済総額は69,620円となり、繰り上げ返済をしない場合より24,136円も安くなります。

つまり繰り上げ返済をすると、もちろん元金は変化しませんが、金利返済額がかなり大きく変化することが分かります。

アリサ
数万円単位で金利が安くなるので、余裕がある場合は、可能な限り繰り上げ返済をする方が賢明でしょう。

借入を行なっている時は、もうちょっと遊びたいという気持ちを優先するのではなく、余裕があるなら繰り上げ返済という意識も持てると良いかもしれません。

利息制限法を逆手にとって金利を安くしよう!

銀行や消費者金融のカードローンを利用して借入を行う時は、金利を支払う必要があります。しかしカードローン会社が設定している金利には、4.0%から18.0%と幅があり、消費者金融のカードローンを初めて契約する時は、基本的に最大金利が設定されます。

つまり初めて借入れをする場合は、ほとんどの場合18.0%の利息が適用されることになるでしょう。借入れに対して18.0%の利息がかかると、返済総額はかなり高くなるため、少しでも金利を安くできるようにすべきでしょう。

実は利息制限法を上手く使うことによって、金利を安くできる方法があります。これは違法な方法ではなく、法律の仕組みを上手に使った方法です。

アリサ
もちろん全ての方が使えるというわけではありませんが、もし使える状況にあるなら、試してみる価値はあるでしょう。

では、まず利息制限法という法律がどのようなものかを説明します。その後に、利息制限法をどのように使うと、金利を安くできるようになるのか考えてみましょう。

利息制限法とは

利息制限法とは、消費者を法外な金利から守るために、貸付利率を一定限度に保つための法律です。利息制限法によって利率は次のように制限されています。

利息制限法によって定められた利率
  • 元金が10万円未満:実質年利20%まで
  • 元金が100万円未満:実質年利18%まで
  • 元金が100万円以上:実質年利15%まで

この数字を超えて貸付けを行うなら、利息制限法に違反することになります。各元金額の金利を見ていただくと分かるように、元金額が大きくなるほど利息は下がっていくという傾向があります。

アリサ
例えば、99万円を借りている時は、利息は最大18%になるのに対し、100万円を借りるなら最大利息は15%になるわけです。

仮に現在90万円ほど借入れしているなら、あと10万円借入れすると、金利を最大3%も下げることになります。これが利息制限法を利用した金利を安くする方法です。

自分のキャッシング履歴について 信用情報とは

キャッシングの履歴は、信用情報機関というところにすべて保存されています。クレジットカードの申し込みや返済情報、カードローンの契約内容と返済状況、携帯電話を分割で購入した時の支払い状況などは、すべて記録されています。

簡単に言えば、借金に関する全てのデータが、信用情報機関に記録されているわけです。もちろんカードローンを契約の返済遅延や債務整理も記録されています。一度キャッシング履歴の中で返済遅延や不履行などの記録が載ってしまうと、一定期間そのまま保存されてしまいます。ですから借入れを行なったなら、きちんと返済を行うようにしましょう。

アリサ
ここまでで、低金利でお金を借りるための方法を解説してきました。金利そのものに対する理解や金利を下げるための方法をよく理解しておくことは、とても重要なことです。

たった数%の金利の違いが、返済総額では数万円から数十万円の差になることも珍しくありません。ですから、お金を借りる時は金利が安くなる方法を実践するようにしてください。

おすすめの記事